修行の記録

2021年9月4日

初めての注文

与板の大工道具卸商社である石弘さんからご注文を頂き、はじめて鉋を問屋さんに買っていただきました。 石弘さんは直接販売しておらずすべて小売業者を通してますので、もしどこかでお目にかかる機会があったら是非手に取って見ていただ… もっと読む »

2021年8月5日

なぜか内丸になる鉋刃

最近、研いだ鉋刃がなぜか内丸になっていることに気が付きました。 1000番は響の砥石を使っているので、そんなに型崩れしにくいものですし、頻繁にアトマのダイアモンド砥石を掛けていたので砥石の形は平坦だと思っていました。 試… もっと読む »

2021年7月14日

初めての台入れ

現在第6ロットまで鉋をつくっており、修行が始まって8か月たったので台に入れてみることにしました。 台屋さんは三条の梨屋木工さんで入れてもらいました。ついでに作業をしているところも見たかったので、見学のお願いをしてみたら、… もっと読む »

2021年6月1日

戒めのセン掛け

こんにちは。似鳥です。 最近の鉋づくりの話です。 鉋づくりは10枚から20枚ほどを1ロットとして作っており、今は5ロット目の製造をしています。 これまでの修業で、形状に関していえば火造り(ハンマーで叩いて形をつくる加工の… もっと読む »

2021年5月5日

ふいごまつりの復活に向けて

ふいご祭りは毎年11月8日にある鍛冶に関係する神様をお祭りする日ですが、以前与板ではその一環としてふいごや大鎚を使って打刃物を作る古式鍛錬が行われていました。 以前のブログで、現在は祭り自体は実施されておらず、いずれ復活… もっと読む »

2021年4月28日

顕微鏡を手に入れてもらいました。

鉋が良くできているかの判断の一つとして、金属組織を観察することがあります。 これまでは与板の鍛冶屋さんのところにお邪魔して顕微鏡を使わせてもらってましたが、頻繁にいくのもご迷惑になるので師匠が顕微鏡を手に入れてくれました… もっと読む »

2021年2月3日

組合のHPになりました。

これまで弟子としてのHPとして運営してきましたが、先日越後与板打刃物組合に承認され、越後与板打刃物組合のHPとして運営させていただけることになりました。投稿していく内容は特に変わりなく、基本的に似鳥が更新していきますが、… もっと読む »

2021年1月29日

第二ロット品と硬さ試験

第二ロット品 先日第二ロット品10枚が仕上がりました。 今回は寸六を目指して製造してちゃんと寸六になりました。前回ロット品の寸六から寸四への変化のもようはこちらから 前回の課題であった反りはだいぶ収まりましたが、まだ師匠… もっと読む »